トップページ

重要なお知らせ

2022年5月2日更新

第10回学術大会の一般講演の募集を締切りました。
たくさんの皆様から参加登録をいただきました。ありがとうございます。
採択通知、発表スケジュール、ポスター提出等につきましては。順次お知らせの予定です。
なお、ポスターセッションのテスト会場を開設いたしました。
参加者の方へ」をご確認ください

会頭あいさつ

第10回日本食育学会学術大会の開催にあたって

 第10回日本食育学会学術大会を、2022年6月4日(土)、5日(日)、昭和女子大学において開催させていただくことになりました。

 2019年以来のコロナ禍において、過去の2大会が誌上開催、オンライン開催となりました。昨夏以降は、ワクチン接種も進みましたので、2022年大会こそは対面で!と切望し、準備をして参りましたが、この原稿を書いている2022年1月現在、第六波の最中にあります。ただ、このような時だからこそ、皆さまとお目にかかり、知恵を出し、力を合わせたいと、強く思います。そこで、全面オンライン開催にチャレンジしてみたいと考えております。シンポジウムはもちろん、口頭発表も、ポスターセッションもオンラインで実施します。皆様には、お好きな場所からご参加いただきたく思います。新しい試みですので、皆様のお力添えが必要です。なにとぞよろしくお願い申しあげます。

 今大会のテーマは「SDGs×食育(SDGsかける食育)」と致しました。持続可能な社会の発展の根幹には栄養問題があります。食に携わる私たちに何ができるか皆で考えよう、という思いで設定しました。

 大会1日目の午後は、特別講演として「人にも地球にもやさしい食育」をテーマに、日本栄養士会会長、公立大学法人神奈川県立保健福祉大学学長 中村丁次先生にご講演いただきます。後半では、日本の栄養施策の現状、地球を守る取り組みの紹介など、各方面でご活躍されている皆様のお力を賜る予定です。また、スポンサードセミナーとしてプリマハム株式会社様からのご支援もいただきます。大会2日目にはZoomの機能を使って口頭発表、ポスター発表を行います。本学の通信環境の中でZoom開催がどこまでできるか、まだまだ不確定要素が多く、ご迷惑をおかけすることと思いますが、ご協力をよろしくお願い申し上げます。
当日はたくさんの皆様にご参加いただき、有意義な時間を共にできれば嬉しく思います。

 最後になりますが、皆様のご健康を心よりお祈り申し上げます。

2022年1月吉日
第10回日本食育学会学術大会
会頭 小川睦美

特別講演

講演人にも地球にもやさしい食育

講師
中村丁次氏
日本栄養士会 会長
公立学校法人 神奈川県立保健福祉大学 学長
座長
小川睦美(昭和女子大学)


シンポジウム

講演SDGs×食育

パネリスト
西尾素子氏(農林水産省 消費・安全局消費者行政・食育課課長補佐)
野副パーソンズ美緒氏(WFP)
高田健二氏(JICA)
岡崎綾子氏(島根県教育庁)と高校生

パネルディスカッション

コーディネーター
調所勝弘(昭和女子大学)

令和三年度 論文賞受賞講演

詳細は決まり次第掲示します。

スポンサードセミナー

セミナー食育とサステナビリティ
(仮題)

プリマハム株式会社

講師
鈴木英文氏
(取締役 コンプライアンス・法務・環境担当)

一般演題

口頭発表およびポスター発表

Zoomを利用したオンライン形式で行います。プログラム詳細は以下をご覧下さい。

最新版


日本食育学会主催プログラム

学術相談会

食育活動計画・報告に関する相談

詳細は、学会ホームページのInformationをご覧ください。参加される方は事前の受付を行っております。

企業の皆様へ

 本学会は、食育に関する基礎的ならびに実践的研究を推進し、食料の生産と消費、食生活改善、疾病予防、食文化の継承、食品の安全性確保と消費者の理解を高めるための食育活動の展開を図り、国民に正しい食生活を示して、わが国の食環境の整備と向上に資することを目的としており、学際的な連携と産官学共同の研究および啓発活動を特徴としています。 本学術大会開催の趣旨をご理解いただき、ご支援下さいますようお願い申し上げます。

第10回日本食育学会学術大会
会頭 小川睦美

プログラム

プログラム詳細は以下をご覧下さい。

最新版

一般演題(口頭発表およびポスター発表)のプログラムを掲載しました。

最新版

お問い合わせ

昭和女子大学大学のロゴ

第10回 日本食育学会学術大会 事務局

昭和女子大学
食健康科学部

メールでのお問い合わせ

第10回日本食育学会学術大会